気象庁は16日、発達中の低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本で18日ごろにかけ、非常に強い風が吹いて大しけとなり、大雪となる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。北海道の日本海側では17日朝にかけて、数年に一度の猛吹雪となる見込み。視界が白一色になる「ホワイトアウト」が起き、車の運転が困難になる恐れがある。外出は控えるよう求めている。

 17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道28m(40m)、東北25m(35m)、近畿23m(35m)、北陸20m(35m)、九州北部20m(30m)。