【ニューヨーク共同】プロ野球ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ挑戦を目指していた沢村拓一投手(32)がレッドソックスと2年契約で合意したと15日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が報じた。

 沢村は栃木・佐野日大高から中大を経て2011年にドラフト1位で巨人に入団。1年目に11勝を挙げ最優秀新人に選出された。15年から抑えに転向し、16年は37セーブで最多セーブに輝いた。昨年9月にロッテへトレードで移籍。ロッテでは救援で22試合に登板し、防御率1・71を記録した。通算成績は352試合で48勝52敗75セーブ、防御率2・77。