厚生労働省は15日、新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、計300万回分の接種後の健康状態をアンケートで調べる方針を明らかにした。4月1日以降に65歳以上の接種が始まった後、協力者を募る。承認された米製薬大手ファイザー製を含めた3種類のワクチンを想定しており、比較的多い発熱や体のだるさといった副反応を追跡する。

 ファイザー製のワクチンは、2月17日から安全性の確認を目的とした、医療従事者1万~2万人への先行接種が始まる。ワクチンが原因かどうかにかかわらず、接種後に生じる副反応などの情報を集めて定期的に公表する。