大阪府の吉村洋文知事は15日、新型コロナウイルス対策本部会議を19日に開き、緊急事態宣言の解除を政府に要請するかどうか再度協議する方針を明らかにした。要請する際は「隣接する京都府や兵庫県と足並みをそろえたい」と述べ、3府県共同で求める考えを改めて強調した。大阪府庁で記者団に語った。

 京都府と兵庫県も新規感染者数と病床使用率に関する独自基準を設定。京都は既に達成したが、兵庫県は早くても来週以降になる見通しだ。井戸敏三知事は「しばらく様子を見る必要がある」と慎重な姿勢を示した。吉村氏は「大阪府としての判断は必要だが、要請は京阪神一体でやりたい」とも話した。