シャープは15日、2020年4~12月期連結決算の発表を延期すると発表した。3月15日までの発表を目指す。昨年見つかった子会社カンタツの不適切会計を巡り、簿外処理された資産や、グループ会社に類似事案があるかどうかを調査するのに時間を要しているとしている。

 関東財務局に四半期報告書の提出期限延長を申請し、承認を得た。

 カンタツの不適切会計を巡っては、顧客からの注文書や、製品の出荷がないのに売り上げを計上している事例があるとシャープが昨年12月に発表した。

 シャープによると連結売上高への影響総額は100億円未満。調査の完了は最長で3月上旬と見込んでいる。