外食大手ロイヤルホールディングス(HD)は15日、大手商社の双日や取引銀行を割当先とする株式を発行し、約160億円の資本増強を実施すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で悪化した財務基盤を改善する。双日とは資本業務提携も締結した。

 双日は約100億円の普通株を第三者割当増資で引き受け、筆頭株主になる。銀行団では、みずほ銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、日本政策投資銀行が計約60億円の優先株を引き受ける。

 コロナ感染拡大に伴う外出自粛や営業時間の短縮が響き、主力のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の利用客が急減。航空機の機内食事業も悪化した。