前橋市は15日、自動運転バスの実証実験に合わせ、顔認証で客の乗り降りを管理する技術を検証した。将来的に財布もスマホも持たず「顔パス」で乗車できる仕組み作りに生かす。高齢者や車を持たない市民らの利便性向上や移動手段充実を図るため、公共交通と最新技術を組み合わせる市の取り組みの一環。

 群馬大やNTTデータなどが参加した。検証では自動運転バスに運転手を乗せ、上毛電鉄中央前橋駅とJR前橋駅を往復。バスの乗降口に設置したタブレット端末に参加者がマスクを外して顔をかざすと、認証された音が鳴り、車内にそのまま乗り込むことができた。