福島、宮城両県で震度6強を観測した13日深夜の地震の影響で、東北新幹線は全線復旧まで10日前後かかる見通しとなり、東北各地では15日、増便された首都圏への高速バスに乗ろうと多くの人が詰め掛けた。午後からの雨で、地震で緩んだ地盤が崩れる二次災害の恐れもあり、自治体は避難所を開設するなど警戒を強めた。

 JR東日本は、14日から那須塩原(栃木)―盛岡間で運転を見合わせている。この区間のうち一ノ関(岩手)―盛岡間は16日に運転再開する。

 また16日から当面、品川(東京)―いわき(福島)間を走る常磐線特急「ひたち」の上下4本を、仙台まで延長する。