9月開幕のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に新設して参入するJ1広島のチームが15日、広島市内で始動し、ランニングやパス回しなどのメニューをこなした。中村監督は「非常にいい表情でスタートできた。バランスのいい、特徴のある選手が集まってくれたので非常にわくわくしている」と期待した。

 この日は約20選手が練習に参加。女子日本代表「なでしこジャパン」として2011年の女子ワールドカップドイツ大会優勝などに貢献した36歳のMF近賀は「チームがうまくいかない時に、立て直すような仕事もしたい。皆でいいところを出し合って、いいものをつくっていきたい」と意気込んだ。