東京都は14日から15日にかけて新型コロナウイルスの感染者が計637人報告されたと明らかにした。累計は10万6771人となった。内訳は14日が371人、15日が266人。重症者数は15日の時点で前日から6人減の97人となり、1月2日以来で2桁の水準に下がった。死者は14日に6人確認され、累計は1131人。15日分は同日夜に発表する。

 都内の感染者数は減少傾向が続き、直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は、政府が緊急事態宣言解除の目安としている500人を11日に下回った。一方で高齢者層の占める割合が増加し、1日当たりの死亡発表が2桁の日も目立っている。