福島地方気象台と仙台管区気象台は15日、宮城県と福島県内陸部の中通り、沿岸部の浜通りで、同日午後、警報級の大雨になる恐れがあると公表した。夕方から16日にかけて暴風となる見込み。

 両気象台は、地震によって緩んだ地盤で土砂崩れが発生する可能性が高まっているとして注意を呼び掛けた。