【シンガポール共同】シンガポールの警察当局は14日、在シンガポールのミャンマー大使館前で抗議活動をしていた61歳と48歳の日本人男性を許可なく集会を開いた疑いで捜査を始めたと発表した。

 シンガポールでは当局の許可なく集会を開くことは法律で禁じられている。当局はミャンマーのクーデター後、抗議活動に関心を示す在住ミャンマー人や外国人の動向を注視していると表明し、海外の政治に絡む集会は許可しないと強調していた。

 当局によると、2人はインドネシア人男性(49)と共に10日、大使館前でプラカードを持ってミャンマーのクーデターに抗議していた。