14日午前10時すぎ、熊本県八代市妙見町の山中にある遊歩道で、高齢男性が首をつって死亡しているのが見つかった。県警は自殺と断定。現場から約1キロ離れた同市のアパート玄関前の駐車場で住人の平田久美子さん(41)が複数の刺し傷を負って死亡した事件との関連を調べている。

 八代広域消防本部などによると、男性は70代ぐらい。

 県警は14日、平田さんの死因が出血性ショックと判明したと明らかにした。

 平田さんは12日午前7時50分ごろ、アパート玄関前で血を流して倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された。