大和路に春を呼ぶ火祭り「だだおし」が14日、奈良県桜井市の長谷寺で執り行われた。例年は多くの参拝客が詰め掛けるが、今年は新型コロナウイルス対策のため寺の僧侶ら関係者のみで実施。寺の開祖が閻魔大王から授かったとされる宝印「だんだ印」を参拝客の額に押し当てる風物詩は見られなかった。

 だだおしは仏前で過ちを悔い改め、心身を清める修二会の締めくくりの儀式で、千年以上前から伝わる。災厄の象徴の鬼に扮した男衆が、たいまつの担い手と一緒に本堂の周りを練り歩き、僧侶が法力で退散させる様子を演じた。

 寺の広報担当は「コロナ禍だからこその行事。早く終息してほしい」と願った。