車いすテニスの男子シングルスで世界ランキング1位の国枝慎吾(ユニクロ)は14日、全豪オープンの1回戦後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会が森喜朗会長の辞任や後任選定で混乱する状況を懸念し「騒動がうまく収束して、より良い組織に生まれ変わって、新型コロナウイルス対策やオリパラに向けての準備を進めてほしい」と語った。

 国枝は森氏の女性蔑視発言について「もちろん支持できない」と指摘した。全豪が厳しい感染防止対策を施して実施されていることにも触れ「日本も相当(対策の準備を)やらないと時間がないのでは、と感じる」と話した。