海外メディアは13日に起きた宮城、福島両県での震度6強の地震を速報した。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は「強い地震が日本を襲う」と伝えた。

 同紙は震源地は福島県沖と強調し「(福島県は)原発の炉心溶融(メルトダウン)が起き、多数の死者が出た2011年の大地震と津波があった場所だ」と指摘した。

 AP通信は見出しで「津波警報はない」と報じた。停電の発生や福島第1原発で異常の有無を点検していることにも言及した。

 米CNNテレビは、東日本大震災で多数の死者や行方不明者が出たことに触れた。ロイター通信も速報した。(共同)