厚生労働省が13日までに発表した全国の新型コロナウイルス感染状況の指標では、医療提供体制が、緊急事態宣言の対象地域を中心に8都府県で「ステージ4」(爆発的感染拡大)相当となった。「ステージ3」(感染急増)も多く、深刻な状況が続いている。新規感染者数は全都道府県でステージ4相当の水準を脱した。

 13日に報告された国内の新規感染者は1362人、死者は65人だった。新規感染者の内訳は東京369人、埼玉164人、大阪142人など。死者は千葉13人、東京11人、大阪7人など。重症者は前日から8人減の693人だった。