バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は13日、宇都宮市体育館などで10試合が行われ、東地区首位の宇都宮は76―71で京都を下し、29勝目(7敗)を挙げた。同2位の千葉は70―64で信州を退け、28勝9敗。

 西地区トップの琉球は86―67で滋賀に快勝し、27勝9敗。同2位の三河は83―77でA東京に勝って連敗を4で止め、24勝12敗とした。