【ワシントン共同】米CNNテレビは12日までに、複数の米当局者の話として、ブリンケン国務長官が3月中旬から下旬にかけて日本を含むアジア太平洋地域を初めて歴訪する計画があると報じた。オースティン国防長官も同時期に訪れる可能性があるという。1月に発足したバイデン政権は新型コロナウイルスの影響で、高官らの外国訪問を見合わせている。

 ブリンケン氏のアジアの訪問先は日本、韓国、オーストラリアになる見通し。ブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)加盟国の外相らとの会合も検討しており、訪問の順序は固まっていないという。