東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長辞任を表明した森喜朗氏が、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長から、森氏と並ぶ女性の共同会長を置くことを提案されていたことが12日、分かった。女性蔑視発言で批判にさらされる森氏への「助け舟」だったとみられるが、森氏は提案を固辞した。関係者が明らかにした。

 組織委の武藤敏郎事務総長は12日の記者会見で、次期会長は女性がふさわしいかどうかを問われ「選考で性別を議論する必要は全くなく、適任者を選ぶことに尽きる」と話した。