東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長就任に意欲を見せていた川淵三郎氏は12日夜、合同懇談会後に取材に応じ「僕の対応が悪かった。全てのことに対して責任を取って辞退宣言させていただいた」と語った。

 前日11日に森喜朗会長から就任を要請された。受諾の意向を明かしていたが、森氏を「相談役」に据えるなどの私案を語って批判を受け「選挙なら言ってもいいけど。あたかも自分が(新会長に)なったかのような」と自身の態度を反省した。

 11日夜には“勇み足”に気をもんだ組織委の武藤敏郎事務総長から何度も電話を受けて翻意を決めたという。