東京都の小池百合子知事は12日の記者会見で、女性蔑視発言の責任をとって辞任を表明した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任選出について「どのように決めるか、世界が見ている。手続きに透明性を持って進めてもらいたい」と述べた。

 望ましい新会長像は「多様性と調和を自ら発信し、その先頭に立つ人が必要な要件ではないか」と指摘。性別ではなく、大会の理念を実現するためにどのようなリーダーがふさわしいかが問われていると強調した。

 森氏に対しては「大会開催に向け長年尽力してきた。積み重ねに敬意を表したい」と語った。