【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は12日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言の責任を取って辞任を表明したことを受け「決定を全面的に尊重し、その理由も理解している。同時に、過去数年間にわたって大会組織に多大な貢献をしてきたことに感謝したい」との声明を発表した。

 「東京を史上最も準備の整った五輪都市にすることに助力した」と称賛し「安全で安心な大会を実現するために、後任と手を携えて努力を続ける」と強調。組織委の武藤敏郎事務総長が続投することや、新会長選任へ適切な手順を踏むと伝えられたことを歓迎した。