カーリングの日本選手権第5日は12日、北海道の稚内市みどりスポーツパークで行われ、男子の決勝トーナメントで1次リーグ2位のコンサドーレが同1位の高校生チーム、常呂ジュニアに延長の末9―8で競り勝ち、14日の決勝に進出した。

 コンサドーレはこの日の1次リーグ最終戦で常呂ジュニアに5―8で敗れたが、再戦を制した。常呂ジュニアは13日の準決勝へ回る。1次リーグ4位で前回準優勝のTM軽井沢は、同3位のSC軽井沢クとの延長にもつれた接戦を5―4で制し、準決勝に進んだ。

 女子は1次リーグが終了。2連覇狙う18年平昌冬季五輪銅のロコ・ソラーレが6戦全勝で1位となった。