東京大は12日までに、ノーベル賞作家、大江健三郎さん(86)の1万枚を超える自筆原稿など、計約50点の資料が文学部に寄託されたと発表した。同学部は今後、資料を管理する「大江健三郎文庫」(仮称)を設立し、研究者向けに公開する方向で検討している。

 資料は大江さんの自宅のほか、著作の版元である講談社や文芸春秋に所蔵されていたもの。大半が自筆原稿で、校正刷りなども含む。初期の「死者の奢り」(1957年)から中期の「同時代ゲーム」(79年)、「晩年様式集」(2013年)まで幅広い小説作品が含まれ、推敲の様子などがうかがえる。

 「文庫」の設立時期は未定。