東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は12日、理事会と評議員会の合同懇談会に出席し、女性蔑視発言の責任を取り、辞任を表明した。森会長の後任候補に挙がっていた日本サッカー協会元会長で選手村村長の川淵三郎氏(84)は一転、就任要請を辞退し、人事は白紙に戻った。関係者によると、候補に橋本聖子五輪相(56)が浮上している。

 組織委の武藤敏郎事務総長は懇談会後の記者会見で、より透明性の高い手続きを取る必要があるため後任会長の候補を選考する委員会を設置し、委員長に御手洗冨士夫名誉会長(85)が就任することを明らかにした。