橋本聖子五輪相は12日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長から辞意を11日午前に直接電話で伝えられたことを明らかにした。「政府としては信頼を回復し、多様性と調和という大きなコンセプトをしっかり国内外に発信する大会になるよう、一層努力していく」と述べた。

 森氏からの電話では、後任に関する言及はなかったといい「組織委員会が理事会、評議員会を開催し、多くの意見を聞きながら、正式な手続きを踏んでいくのが望ましいと思う」とした。後継指名に応じる意向を示した川淵三郎氏について「どなたが就任されるか、手続きも決まっていない」と話した。