自動車のF1シリーズでルノーから名称変更したアルピーヌは11日、フェルナンド・アロンソ(スペイン)がスイスで自転車走行中に事故に巻き込まれたと発表した。意識はあるという。総合王者に2度輝いた39歳のアロンソはF1から2シーズン離れ、今季復帰した。

 イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトによると、トレーニング中に車にひかれ、病院に運ばれたという。骨折の可能性があり、3月28日決勝の開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)出場が危ぶまれるとしている。(ロイター=共同)