【レサーブルドロンヌ(フランス西部)共同】フランス政府は11日、新型コロナウイルスによる航空旅客需要の減少や、航空機による温室効果ガス排出を削減する地球温暖化対策の一環で、パリ郊外のシャルル・ドゴール空港の拡張計画を取りやめると発表した。

 フランスのメディアによると、2037年をめどに第4ターミナルを新設し、空港の受け入れ可能利用者数を年間8千万人から1億2千万人に増やす計画だった。推定事業費は70億~90億ユーロ(約8900億~1兆1千億円)。

 ポンピリ環境相はルモンド紙に「政府の環境政策や、激変期にある業界の要請と合わない」と指摘した。