【ベルリン共同】アルペンスキーの世界選手権は11日、イタリアのコルティナダンペッツォで競技が始まってスーパー大回転が行われ、女子は29歳のララ・グートベーラミ(スイス)が1分25秒51で五輪と世界選手権を通じて初の金メダルを獲得した。2位は0秒34差でコリンヌ・ズター(スイス)、3位には前回大会覇者のミカエラ・シフリン(米国)が入った。

 男子は29歳で前回大会銀メダルのビンツェント・クリヒマイヤー(オーストリア)が1分19秒41で初優勝した。ロメト・バウマン(ドイツ)が0秒07差の2位、アレクシ・パンテュロー(フランス)が3位。