【ロンドン共同】欧州連合(EU)欧州委員会は11日発表した冬季経済見通しで、ユーロ圏19カ国の2021年の実質域内総生産(GDP)が前年比3・8%増になると予測した。6・8%減(暫定速報値)だった20年から急回復するものの、同年11月に発表した前回見通しの4・2%増から0・4ポイント下方修正。新型コロナウイルス感染拡大の抑制策長期化などを反映した。

 21年1~3月期は2四半期連続のマイナス成長になる一方、今春以降はワクチン接種の進展もあって抑え込み策が解除され、プラス成長に転じると見込んだ。22年は前回から0・8ポイント引き上げて3・8%増と予測した。