「大会を何としても成功させていくことに変わりはない」。東京都の小池百合子知事は11日夕、都庁で報道陣の取材に応じ、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長から女性蔑視発言による辞意に関し、直接電話を受けて説明を受けたと明らかにした。内容については「(12日に)ご本人がいろいろお話をなさるのではないか」と述べるにとどめ、終始厳しい表情だった。

 川淵三郎氏が後任となるに当たっては「しっかり手続きが必要ではないか」とだけ言及。過去に五輪を巡って「無観客は開催の意味がない」などとしていた川淵氏の発言に関する質問は「存じません」とかわした。