将棋の藤井聡太二冠(18)は11日、東京都千代田区で指された第14回朝日杯オープン戦の本戦決勝で三浦弘行九段(46)を破り、2年ぶり3回目の優勝を飾った。タイトル戦以外の一般棋戦優勝は銀河戦1回、新人王戦1回と合わせ5回目。

 栄冠を手にした高校生プロは「優勝できてよかった。今日は2局とも苦戦した将棋だったので、内容を反省して次につなげたい」と話した。

 藤井二冠は本戦から登場し、準々決勝で豊島将之二冠(30)から公式戦初勝利を挙げ、ベスト4に進出。11日の準決勝では渡辺明三冠(36)を破り、決勝に進んでいた。