陸上自衛隊北富士演習場(山梨県富士吉田市、山中湖村)で11日、2度の火災が発生した。3日から14日までの日程で在沖縄米海兵隊が155ミリりゅう弾砲を使った実弾射撃訓練をしており、枯れ草に火が付いたことなどが原因とみられる。4日と6日にも下草や枯れ草を焼く火災が起きたばかりだった。

 南関東防衛局によると、1度目は午後1時10分ごろ発生。陸上自衛隊が消火にあたり約4時間半後に鎮火が確認された。着弾地点付近の枯れ草から火が出たとみられ、草地37ヘクタールを焼いたが、けが人はいなかった。これとは別に、午後9時ごろにも出火し約2時間後にほぼ消し止められた。