【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は11日、朝鮮労働党中央委員会総会の3日目の会議が10日開かれたと伝えた。金正恩総書記は、経済計画の遂行に当たり「法的監視と統制」を強化すると表明。検察など司法機関を通じて違法行為を徹底的に取り締まる方針を示し、全ての部門が「絶対服従」するよう要求した。

 北朝鮮は核・ミサイル開発に対する制裁と新型コロナウイルス対策の国境封鎖により経済難が深まっている。金氏は自力更生を訴え、限られた原材料と資金の配分を厳格に管理、一層の体制引き締めを図る構えだ。

 金氏は10日、3日間に及んだ報告を終了した。