プロ野球オリックスは11日、大阪市内の球団施設で調整しているタイラー・ヒギンス投手(29)が、9日に実施した新型コロナウイルス感染を調べる定期のPCR検査で陽性と判定されたと発表した。現時点で発熱などの症状はなく、自宅待機している。同投手を除く全選手、スタッフらは陰性が確認されている。

 球団によると、ヒギンス投手は1月17日に来日。入国時のPCR検査で陰性判定を受け、同月31日まで自宅待機した。今月7~9日に大阪市内の球団施設でキャンプC組の練習に参加。この間は自宅と球団施設の往復のみで、外出や会食などには参加していないという。