千葉県は11日、匝瑳市の2カ所の養鶏場で鳥インフルエンザの感染が確認されたと発表した。2農場で飼育されている計約35万6千羽の殺処分を進める。同県の農場で感染が確認されたのは今季10例となった。

 千葉県では昨年12月以降、鳥インフルエンザ感染が相次ぎ、殺処分数は今回の2農場を含め約460万羽、県内で飼育する採卵鶏の3割を超える事態となっている。

 県によると、2カ所の養鶏場で10日、ニワトリがまとまって死んでいるのが見つかった。同日の簡易検査で陽性が確認され、遺伝子検査で11日に確定した。二つの養鶏場の距離は3キロ以内という。