東京五輪・パラリンピックの聖火ランナーとして愛知県瀬戸市を走る予定だった将棋の藤井聡太二冠(18)が、多忙を理由にランナー辞退を昨年秋に市に伝え、了承されていたことが11日、分かった。五輪が1年延期され、本人の都合が付かなくなったためという。同市の伊藤保徳市長が取材に明らかにした。

 市長によると、聖火ランナー辞退は、五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言とは無関係。

 同市出身の藤井二冠は昨年7月に最年少でタイトルを獲得。同8月には二冠獲得と八段昇段を果たした。環境の変化でスケジュールが多忙になったとして昨年11月、市に辞退を連絡した。