【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は10日、2025年までに米国市場で販売する新車の4割を電動化する目標を表明した。一環として電気自動車(EV)2車種と、充電も可能なプラグインハイブリッド車(PHV)1車種を年内に発表することも明らかにした。脱炭素化を推進するバイデン政権に呼応した動きとなる。

 30年までには米新車販売に占める電動化割合を7割近くまで高める方針だ。トヨタ米国法人のカーター上級副社長は声明で「25年近く前に(HVの)プリウスを世界に先駆け導入した。これからも電動化を主導し続ける」と述べた。