【ワシントン共同】米労働省が10日発表した1月の消費者物価指数(季節調整済み)は前月と比べて0・3%上昇した。上昇率は昨年12月(改定後)の0・2%から拡大した。1月のエネルギー価格が3・5%上がり、全体を押し上げた。

 エネルギーのうち、ガソリン価格が7・4%値上がりした。他の品目では食品も0・1%上昇。

 全体の前年同月比は1・4%上がった。

 変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月から横ばいだった。前年同月比では1・4%上がった。