1995年に起きた地下鉄サリン事件をはじめ、一連のオウム真理教事件の捜査を指揮した警視庁の元捜査1課長、寺尾正大(てらお・まさひろ)氏が1月24日、死去した。関係者への取材で分かった。78歳。新潟市出身。葬儀・告別式は既に執り行われた。

 66年に警視庁に入庁。殺人などの凶悪事件を担当する捜査1課に配属された後、81年に米ロサンゼルスで起きた銃撃事件を巡る「ロス疑惑」や、保険金目的で妻を殺害した86年の「トリカブト殺人事件」を捜査した。

 95年2月に捜査1課長に就任。同3月に発生した地下鉄サリン事件など、オウム真理教に対する一連の大規模捜査に尽力した。