東京都の小池百合子知事は10日、都内の新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議後、新規感染者の減少傾向に伴う緊急事態宣言解除のタイミングについて報道陣に問われ「(その質問は)もう少し先にしてほしい。まだこの最中なんですから」と答えた。同時に、改めて対策の徹底を都民に呼び掛けた。

 会議では感染状況と医療提供体制のいずれの警戒度も4段階の最高レベルを維持。専門家は「新規感染者数をさらに減少させて数週間維持できれば、医療や保健所の積極的疫学調査を大きく改善させることが期待できる」との見解を示した。