ソフトバンクは小久保ヘッドコーチの号令で、一日千スイングに励む成果が早くも表れた。シート打撃で11安打、2本塁打と野手陣が奮闘。左翼席にアーチをかけたリチャードは、力まないことが課題で「思い切り振らない事を今練習していて、それができた。良いアピールになった」と胸を張った。

 牧原大は武田の直球を捉え、ライナー性の当たりを右翼席へ運ぶ。ベテラン長谷川や、2年目の柳町も鋭い打球を放った。広角に2安打し、レギュラー奪還へアピールを続ける上林は「(打つ方向を)イメージ通りにできた。手応えはもう少し」と話した。(宮崎市)