【ワシントン共同】昨年11月の米連邦下院選で、最後まで結果が確定していなかった東部ニューヨーク州第22選挙区の当選者が9日までに決着した。109票差の接戦で法廷闘争となり、州の裁判所が5日、共和党候補クローディア・テニー氏の勝利を認め、民主党候補が8日に敗北を認めた。AP通信が伝えた。

 テニー氏が就任すれば、定数435議席の下院は民主党221、共和党211、欠員3となる。