テニスの全豪オープン第3日は10日、メルボルンで行われ、女子ダブルス1回戦で第7シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がエイジア・ムハンマド、ジェシカ・ペグラ組(米国)に4―6、7―5、6―3で逆転勝ちし、2年連続で2回戦へ進んだ。

 青山、柴原組は今季ツアーで2大会連続優勝と負けなしで、全豪へ臨んでいる。

 女子シングルス2回戦は、四大大会通算24勝目を狙う第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が順当に勝った。(共同)