奈良県橿原市のアパート一室で2019年11月、住人ではない男性の焼死体が見つかった事件で、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた住人の無職竹株脩被告(21)は10日、奈良地裁(岩崎邦生裁判長)の裁判員裁判初公判で、起訴内容について「黙秘します」と述べた。弁護側は無罪を主張した。

 冒頭陳述で検察側は、被告が捜査段階で「犯人である」と供述したことや、橿原署に出頭した際に被害男性の免許証、凶器とされるなたを持っていたことなどから「被告が犯人だ」と主張。「無差別の通り魔殺人」とした上で「計画的で強固な殺意に基づく冷酷な犯行」と指摘した。