地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目標を達成できる水準まで温室効果ガス排出削減が進めば、2040年までに主要排出国の中国や米国を含む9カ国で年間数百万人の命を救うことができるとの推計結果を、英ロンドン大などの国際チームが10日までに発表した。

 温暖化に伴う食料不足や大気汚染といった悪影響が緩和されるといい、チームは「気候変動政策の最前線に保健分野を位置付ける機会になる」としている。

 調査対象は世界の排出量の70%を占める中国、米国、インド、インドネシアなど9カ国。日本は含まれていない。