【ロサンゼルス共同】世界のトッププロが集結する賞金大会の冬季Xゲーム最終日は1月31日、米コロラド州アスペンで行われ、スノーボードのハーフパイプ男子で今季のワールドカップ(W杯)開幕戦を制した19歳の戸塚優斗(ヨネックス)が初優勝した。

 18歳で初出場の平野流佳(太成学院大)も3位と健闘。前回大会まで2大会連続2位の戸塚は3連覇を狙ったスコット・ジェームズ(オーストラリア)に競り勝った。

 ビッグエアでは女子で前回大会優勝の鬼塚雅(星野リゾート)が銀メダルを獲得。岩渕麗楽(バートン)は5位、村瀬心椛(ムラサキスポーツ)は6位だった。