【ロンドン共同】サッカーのスコットランド・プレミアリーグのセルティックは31日、J1横浜MのFW前田大然(24)、川崎のFW旗手怜央(24)、G大阪のMF井手口陽介(25)を獲得したと発表した。旗手と井手口は完全移籍の4年半契約。前田は2022年6月末までの期限付きで、以後に長期契約を結ぶ見込み。

 前田は今季J1で23ゴールを挙げて得点王に輝いた。ボール奪取力が高く攻守に貢献する井手口とともに、欧州へ再挑戦となる。東京五輪に出場した旗手は初の海外移籍で、豊富な運動量と高い技術で複数のポジションをこなし、J1の2連覇に貢献した。