【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は31日の記者会見で、モンゴルのオユーンエルデネ首相が2022年2月の北京冬季五輪の開会式に出席の意向を示したと明らかにし「熱烈な歓迎」を表明した。

 首相は30日の国民大会議(国会)で、五輪を政治と切り離して開会式に出席する考えを示した。

 北京冬季五輪を巡っては、新疆ウイグル自治区などでの人権侵害を理由に政府代表を派遣しない「外交ボイコット」の動きが米英豪などの民主主義諸国に出ている。